Notice: Undefined index: browser in /home/users/taishi/www/template/smarty/compile/default/733f66623aaf8a8faed4d9ab58fda1c8ea9c2ded_0.file.header.tmpl.php on line 34

観光マップ

観光マップ

1~2件目を表示/2件中
<<前頁の5件を表示  |  次頁の5件を表示>>
大津茂川のお姫様  
大津茂川.jpg
画像をクリックすると拡大されます
むかし、楯岩城には十歳になる美しいお姫様がいました。 ある、秋の夕暮れ時、二〜三百の敵兵士が攻め込み、見方は無勢で敗北したとの知らせが届きました。 驚いた殿様は、大急ぎでお姫様に逃げるように命じ、お姫様が山を降り、小舟に乗って大津茂川を下り、ちょうど浄因寺の辺りまで来た時、山を見ると、城は焼け落ち、みな討ち死にしてしまっていたのでした。 お姫様は、あまりの悲しさに涙がとめどなく流れ、その涙のなかで優しい里人達との楽しい夏の盆踊りや、秋祭を思い出していました。 「父や母、家来たちのあとを追って死のう。」 そして里人達のために大津茂川の主となって、川の流れが絶えないように守ろうと決心して、大津茂川に身を投げたそうです。 それから、大津茂川に水のかれることはなくなったそうです。 「風土記の里太田民話の伝承 柳沢 忠著」
オバサのきつね  
平方村に住む弥平という医者が、オバサのいたずらきつねを生け捕りにすることを考えました。籠を準備し、黒焼きにしたネズミを内にぶら下げていたら、 「先生、急病人や。はよ見に来てくんろ。」と広坂村から来たという人がセカセカ…と告げ、自ら弥平医者を引っ張るようにして病人の家まで案内しました。 ところが、案内された家には病人はなく皆元気で、誰も医者を呼びに行った者がないといいます。 「不思議な事やなぁ。」と思いながら帰ってみると、きつね取りのネズミが無く…。 コレコレ「きつね」に騙されたということに気がついたとか。 ※小笹(オバサ)峠は明神山と坊主山の間。

<<  |  <  |  1  |  >  |  >>  |  ( MAX : 1 page )

Powered by BLAMS. Copyright © 2002-2021. Blazinghills.All rights reserved.BLAMS 1.3.0 (DEV)