観光マップ

観光マップ

16~20件目を表示/34件中
聖徳太子立像  
聖徳太子立像.JPG
画像をクリックすると拡大されます
太子山の山頂に位置し、滋賀大学小谷教授が原型製作されました。
阿宗神社鎮座地  
阿宗神社鎮座地.jpg
画像をクリックすると拡大されます
立岡山の北の宮はその昔、欽明天皇の御代(560年頃)宇佐八幡の神霊を奉還し、630年間この地にお祀りしていたのを1190年、内山(龍野市)城主塩津左衛門慰義経が自分の領地広山村に遷座したのが現在の阿宗神社のはじまりです。
立岡天満宮  
立岡天満宮.jpg
画像をクリックすると拡大されます
祭神は菅原道真。狛犬は特徴があり、阿形の狛犬には頭部にツノがあります。また吽形の狛犬には、股間にオスの表現があります。
壇特山  
壇特山.jpg
画像をクリックすると拡大されます
弥生時代の頃、屋根筋の最高所に近いところで広い範囲に集落を築いていました。考古学では、高地性集落と呼んで注目されています。 天下の名僧徳道上人の特化の由緒を持つ感動石の伝説もあり、また、その石に打たれて死んだという悪キツネの話もあります。 行道岡・黒駒蹄跡 太子行道の岡ともいいます。山頂に十畳ほどの岩があり、その表面にある無数のくぼみは、聖徳太子の駒の蹄跡と伝えられています。その傍らに昔は駒のつなぎの松がありました。この木が妙なる異香を放っていたので、異香留我(いかるが)の地名がついたとの言い伝えもあります。
三重塔 [国指定重要文化財]  
三重の塔.JPG
画像をクリックすると拡大されます
斑鳩寺伽藍のうち最古の建物です。天文10年の斑鳩寺全焼の後、永禄8年に再建され、露盤には永禄5年に龍野城主赤松下野守正秀が天下太平を祈願して発願したという銘文が刻まれています。均斉がとれた壮麗な姿で、西播磨地方に残る古建築のうち最初に国指定重要文化財になりました。

<<  |  <  |  1 2 3 4 5 6 7  |  >  |  >>  |  ( MAX : 7 page )

Powered by BLAMS. Copyright © 2002-2017. Blazinghills.All rights reserved.BLAMS 1.3.0 (DEV)