ぶらり太子通信

31~35件目を表示/52件中
太子山公園  
太子山公園.jpg
画像をクリックすると拡大されます
今はD51が保存され、憩いの場所となっていますが、ここは播電経営の太子山遊園地跡です。当時としては西播磨地方随一のレジャーランドでした。 *播電=明治42年に龍野電気鉄道株式会社として網干港〜觜崎間が開通してから、播電鉄道株式会社となり、昭和9年までの35年間親しまれてきました。 下写真は、民族資料館
原大歳神社  
DSC00077.JPG
画像をクリックすると拡大されます
昔、福井大池をめぐって他の村々との水争いに原村は苦労しました。ある年も、手に鍬や棒を持ち、大喧嘩に行こうとしていると、真白の髭の老人が現れ、「やめとけ!」と言われたそうです。それが大歳神社の氏神さんではないか、と言い伝えられています。また、入り口の観音様は、川の中から発見されたと伝えられています。 ■原の火まつり 原の松明は、原村のお盆の伝統行事です。 毎年8月15日に行われ、夏の夜のとばりが降りはじめる頃、害虫を駆除したという野火で祭りは始まります。祖先を迎える迎え火、原心太鼓、雨乞いの祈り、燃え盛る大松明を抱え村の男が境内を走りまわる魂送り・・・。そして、五穀豊穣を祈る太鼓の放り揚げで祭りはクライマックスを迎えます。季節とともに生き、田畑の仕事に精を出した祖先の暮らしの願いが込められた祭です。
聖徳太子立像  
聖徳太子立像.JPG
画像をクリックすると拡大されます
太子山の山頂に位置し、滋賀大学小谷教授が原型製作されました。
阿宗神社鎮座地  
阿宗神社鎮座地.jpg
画像をクリックすると拡大されます
立岡山の北の宮はその昔、欽明天皇の御代(560年頃)宇佐八幡の神霊を奉還し、630年間この地にお祀りしていたのを1190年、内山(龍野市)城主塩津左衛門慰義経が自分の領地広山村に遷座したのが現在の阿宗神社のはじまりです。
立岡天満宮  
立岡天満宮.jpg
画像をクリックすると拡大されます
祭神は菅原道真。狛犬は特徴があり、阿形の狛犬には頭部にツノがあります。また吽形の狛犬には、股間にオスの表現があります。

<<  |  <  |  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11  |  >  |  >>  |  ( MAX : 11 page )

Powered by BLAMS. Copyright © 2002-2018. Blazinghills.All rights reserved.BLAMS 1.3.0 (DEV)